胃がんの発見に、「バリウム」と「胃カメラ」どっちを選ぶべき?

cancer

市区町村の検診でバリウム検査と胃内視鏡検査が選べるよになるそうです。どちらを選ぶのがよいのでしょうか?

バリウム検査の目的はスクリーニング

スクリーニングとは、病気の危険が高い人と低い人を「ふるい分ける」ことです。病気が疑われる人をしぼり込み、必要な人だけに精密検査を受けてもらいます。スクリーニングにひっかかったからといって病気と決まったわけではありません。病気かどうかは精密検査による確定診断ではっきりします。バリウム検査は、胃の粘膜にバリウムを付着させ、その流れる様子をレントゲンで観察するというもの。胃の動きや中を食べ物が通る様子を確認できます。従来から胃がんのスクリーニングに用いられている検査です。これまでは基本的に、バリウム検査のひっかかった人が胃内視鏡検査に進んでいました。これからは市区町村によっては最初から胃内視鏡検査を選択できます。

精度が高い胃内視鏡検査

胃内視鏡検査は、胃カメラのことです。口または鼻から小型カメラを入れて食道、胃、十二指腸を直接観察します。疑わしい病変があれば組織を採取し、病理検査で良性か悪性かを判定することができます。胃がんを発見し、危険を見極めるには胃内視鏡検査の方が優れており、多くの医師がこのことを認めています。ただ、人によっては小型カメラを入れるときに嘔吐反射が起きて苦痛を感じることがあり、「苦手」という人がいるのも事実です。簡便さを求めるならバリウム検査、最初から精密検査レベルの精度を求めるなら胃内視鏡検査、ということになるでしょう。

大腸がんの原因になる大腸ポリープは、検査のついでに切除可能

北斗晶さんの傷痕公開宣言に考える 「全摘手術は悲惨さの象徴であるべきか?」

北斗晶さんは毎年の検診でも発見できず…乳がん検診の正解とは? 【その1:超音波検査を追加した場合】

腫瘍の「良性」と「悪性」はどう違うの?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です