ボディビル 小田敏郎 ドーピング!? SP250 サプリは禁断の薬物か?

health

ドーピングといえば最近ではシャラポワ選手が使用した「メルドニウム」が話題になりましたが、日本のボディビル界でもドーピングの追求が進んでいるようです。

4月22日、日本アンチ・ドーピング機構(JADA)は愛知県で活躍するボディビルダー小田敏郎氏に、ドーピング違反による2年間の資格停止処分をくだしました。

その理由は、禁止薬物「興奮剤オキシロフリン」の摂取。小田氏は「SP250」という輸入サプリを通じて禁止されている成分を摂取してしまいました。ボディビルというと、ただでさえ「筋肉増強剤でムキムキ」「ステロイド使いまくり」といった偏見がありますよね。そのようなボディビル界で使われた禁止薬物となると、さぞかし効果があるに違いないと思われる方もいることでしょう。

SP250とはどのようなサプリなのでしょうか。

SP250の成分表に興奮剤オキシロフリンの表記はない

以下はある通販サイトに記されているSP250の成分です。非常に沢山の成分が記されていますね。有名な成分を挙げるとするなら、エナジードリンクにも含まれるビタミンC、ビタミンB群、ナイアシン、カフェインなどはかなりポピュラーです。クレアチンは一般的ではないかも知れませんが、筋トレ業界では定番の成分。筋力志向の愛好家の間ではプロテインの次ぐらいにチョイスされるものです。ベータアラニン、システイン、シトルリン、L-チロシンなどはマニアックですが、愛好家にはよく知られた成分です。

これだけの成分が列挙されている中に「興奮剤オキシロフリン」は記されていません。それだけ高い効果が認められる成分ならば積極的に宣伝したいはず。それなのに書かれていないのは不思議ではあります。

<SP250の成分>
ビタミンC
ナイアシン
ビタミンB6
ビタミンB12
カリウム
ベータアラニン
クレアチン
L-シトルリン
L-システイン

タウリン
L-チロシン
グルクロノラクトン
DMAE
コリン
モノステアリン酸グリセロール
アグマチン

エリアジャレンシスエキス
カフェイン
テオブロマカカオエキス
シトラスRxコンプレックス(シトラスナツダイダイ ハヤタエキス)ユズSIEB
タナカエキス
シトラスリモニウムエキス
シトラスダイダイエキス

ブースター系、NO系サプリとして使用か

これは私見ではありますが、小田氏が「興奮剤オキシロフリン」目当てでSP250を摂取していたとは考えにくいのではないでしょうか。

一般的に輸入サプリは国産サプリに比べて強めの効果が期待されるもので、含まれる成分や成分の分量も国産サプリよりも過激な傾向があります。とはいえ、SP250の成分を見ても特別変わったところはなく、ブースター系、プレワークアウト系、NO系といわれるジャンルの中では標準的です。

ブースター系、プレワークアウト系、NO系のサプリというのは、ちょうどエナジードリンクを使用するときのように、「がんばる前に飲んでおく」ものです。カフェインに代表されるように興奮を促したり、クレアチン、ベータアラニンのように高強度トレの持続力を高めたり、シトルリンのように血流を増大させたりと、これから行うトレーニングの質を高めることを目的としています。

効果の高いいわゆるブースター系、、プレワークアウト系のサプリを求めてSP250を選択し、知らず知らずのうちに禁止薬物「興奮剤オキシロフリン」を摂取してしまうケースも出てくると思われます。

メチルヘキサンアミンの効果はアドレナリンと類似

2016.10.27

興奮剤オキシロフリン問題

一方、興奮剤オキシロフリンは突然話題になった成分ではありません。陸上男子短距離の世界ではタイソン・ゲイ選手とアサファ・パウエル選手がこの薬物でドーピング違反になっています。

興奮剤オキシロフリンは血圧と心拍数を上昇させるものです。サプリで例えるならカフェインとシトルリンのような効果なのでしょうか。禁止されるくらいなので、効果の強さははるかに大きいのでしょう。

問題は次の点にあります。SP250はブースター系サプリです。そして、興奮剤オキシロフリンの効果はブースター系ととても相性が良いのです。

SP250の消費者は、その効果が興奮剤オキシロフリンによるものであることに無自覚なまま、このサプリに「効果を体感できる良いサプリ」という印象を持つ可能性があります。このことは販売戦略上有効といえます。先の成分表に興奮剤オキシロフリンの表記がない理由は、これがサプリの売りとなる看板成分ではなく、「体感」の評判を得るための隠れた成分であるとの推測が成り立ちます。

SP250自体は禁断の薬物でも何でもない少し強めのブースター系サプリという位置づけ。しかし、うっかり禁断の薬物を摂ってしまうことになります。輸入サプリにこうした危険があることはこれまでも知られていました。中には、「表示成分以外の何か」を期待して輸入サプリを求める人もいるかもしれません。小田氏のケースが実際のところどうだったのかは分かりませんが、個人的には同情的に今回の報道を見ています。少なくとも興奮剤オキシロフリン摂取を狙ってSP250を購入するのはとても難しいことのように思えるのですが、いかがでしょうか。

シャラポワ陽性のメルドニウムは昨年から監視されていた!? 「知らなかった」の真偽は?

国内初のカフェイン中毒死!? コーヒー・エナジードリンクの危険な飲み方とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です