ダイエットの優秀食材「もやし」は栄養もあなどれない!

health

もやし一袋243gのカロリーは34kcal。ご飯だと1膳分140gで235kcalになります。もやしは、典型的に「低カロリーでかさばる食材」。もやしで満腹感を満たせばダイエットに役立ちそうです。さらに、もやしは単に低カロリーなだけでなく、栄養素にも注目すべきところがあります。

脂肪の代謝に役立つビタミンB2

糖、タンパク質、脂肪をエネルギーとして燃焼するには、体の中の酵素の働きで代謝が促進される必要があります。ビタミンB群は「補酵素」とよばれ、酵素を助ける働きがあります。もやしに含まれているのはビタミンB2です。ビタミンB2は脂肪をエネルギーに変えるときに必要になるビタミンです。
また、皮膚、髪、爪などの細胞を再生する働きがあります。ダイエットにありがちな、肌荒れや髪のパサつきを防いでくれるのです。

カリウムでむくみを解消

むくみの原因は体内に留まっている余計な水分です。もやしに含まれるカリウムは体内の水分量を調整する働きがあります。塩分の多い食事をしていると、体は塩分濃度を薄めるために多くの水を取り込み
、体重増やむくみの原因になります。カリウムは余計な水分を排出するのに役立ちます。また、筋肉が正常に収縮するにはカリウムが必要です。不足すると、イライラや疲労感などの症状がでます。もやしは低カロリーながら、栄養面でもなかなか優れた食材なのです。

女性特有のイライラには「ひじき」がおススメ

保険で受けられる肥満手術は、身長158センチだと体重何キロ以上が対象になる?

超短時間で引き締まった体に! 「タバタトレーニング」を知っていますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です