【忘年会対策】「しじみの味噌汁」が効くのはシジミのせい? 味噌のせい? えっ!! 両方とも!?

health

忘年会のシーズンを迎えました。飲み過ぎてつらい二日酔いに良い食べ物として「しじみの味噌汁」は定番といえまが、ここで効いているのは「しじみ」なのでしょうか。「味噌」なのでしょうか。

しじみに含まれる成分

二日酔いが苦しい理由は、アルコールの分解時に生じるアセトアルデヒドという有害な物質を分解しきれていないからです。しじみにはアセトアルデヒドの分解を促してくれる「アラニン」が含まれています。アラニンを摂取することで、肝臓や血中に含まれるアセトアルデヒドが減少することがわかっています。また、アラニンは眠りの質を左右する「トリプトファン」という必須アミノ酸の働きを活性化させる効果もあります。

しじみの成分で注目すべきものとしてはもうひとつ、オルニチンという重要なアミノ酸があります。オルニチンは肝臓でオルニチンサイクルというアンモニアを解毒する回路を形成します。アンモニアは筋肉や脳の働いを妨げ、疲労感や倦怠感の原因になる物質です。肝機能が低下すると、アンモニアをスムーズに解毒できずに常に疲れているような状態になります。オルニチンを補うことは肝機能を正常に保ち毎日元気に生活するのに役立つでしょう。

味噌に含まれる成分

二日酔はとても苦しく、避けたいものではありますが、一時的な不調に過ぎません。長期的な健康という観点から見れば、実は大きな問題ではありません。飲み過ぎで一番の問題となるのは、肝臓病の始まりである「脂肪肝」です。脂肪肝とは、いわば肝臓のメタボのようなものです。脂肪肝を放置しておくとやがて肝臓に炎症が起きる「肝炎」に発展します。重症の肝炎は肝硬変という生命に関わる病気の引き金になります。

飲み過ぎで最も心配しなかればならないのは脂肪肝です。味噌に含まれる「メチオニン」は肝臓の代謝を活発にし、脂肪肝を防ぐ働きがあります。また、メチオニンは「タウリン」の原料ともなります。タウリンには肝臓で働く酵素を活性化させる働きや、傷ついた肝細胞の再生を促す働きがあります。味噌汁からメチオニンをしっかり摂取することで、このような効果が期待できるのです。また、味噌には睡眠ホルモン「メラトニン」の材料になるトリプトファンが含まれています。毎日の快眠は、肝臓だけでなく、全身の疲労回復に役立つものです。

忘年会シーズンにしじみの味噌汁は非常に有効だといえるでしょう。しじみの観点から見ても、味噌の観点から見ても、肝臓に良いさまざまな成分が含まれているからです。

安い酒ほど悪酔いしやすい?
妊婦さんの飲酒、米で全面禁止の動き…「胎児性アルコール症候群」とは?

医療情報

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です