「ディセンシア」は敏感肌の人のために生まれた特別なブランド。美白のコンセプトも配合する成分もとてもユニーク。

ぴったり相性が合えば、あなたにとって特別な、忘れられない化粧品になるでしょう。

従来の敏感肌対策に加え、ストレス対策も

ディセンシアは敏感肌、乾燥肌に悩む人のために作られたブランド。さらに、もう一つ、他のブランドにはない特徴がありました。

それは、ストレスから来る肌トラブルに向き合う、ということ。

突然の肌荒れに、どうして?乾燥かな?と、戸惑うことはありませんか。よくよく思い返してみると、強いストレスを感じているときにそうした肌トラブルが起きていたような……。ディセンシアはここに目を向けました。

肌トラブルは体質だけの問題じゃない。仕事や子育てで忙しい女性ならではのストレスが影響しているのではないか、と。

「ストレス→角層ダメージ→シミの加速」の連鎖をくい止める

敏感肌の人は「美白系は肌への刺激が強いから」と、美白をあきらめてしまうことがあります。肌に優しいことは絶対条件です。その上、実際のところ、敏感肌、乾燥肌の人は美白の効果を実感しにくいといわれています。

敏感肌の人のための美白化粧品は低刺激なだけでは不十分。美白効果をしっかり効かせるメカニズムが必要です。ストレスの影響に向き合い、解決を図ることで、敏感肌の人の美白効果は初めて高まるのです。


ストレスの肌への影響①活性酸素
シミの原因になるメラニンの生成は肌内部で炎症が起きているときに活発になります。わたしたちの体はストレスを感じると活性酸素を生み出し、炎症を引き起こします。その結果、メラニンの酸化が進み、黒化してシミになると考えられています。
ストレスの肌への影響②血行不良
外部の刺激から肌を守ってくれるバリア機能は、皮膚温が十分に高いときに力を発揮します。わたしたちの体はストレスを感じると血管を収縮させ、その結果血行不良が起きて皮膚温が低下。外部刺激のダメージを受けやすくなり、皮膚内部で炎症を繰り返すうちにシミが増えてしまいます。

美白・ストレスケア・保湿による相乗効果を

ディセンシアは、ストレスでシミが作られるのを防ぐ成分、敏感肌・乾燥肌対策に欠かせない保湿成分、そして、アルブチン・トラネキサム酸配合の王道といえる美白成分の相乗効果で、全く新しい美白へのアプローチを可能にしました。

美白を促す成分

  • アルブチン…シミの原因となるメラニン生成に関わる酵素「チロシナーゼ」の働きを抑制
  • トラネキサム酸…炎症を引き起こす体内の酵素「プラスミン」を抑制

ストレスに負けない肌へと導く成分

ストレスバリアコンプレックス

  • ジンセンX…血行を促進して肌をなめらかにする
  • パルマリン…細胞間結合を高めて健康的な角層へ保湿力・肌の還元に優れ、健康的で美しい角層へ導く
  • ムラサキシキブエキス…高い抗酸化力を持ち肌の透明感をサポート

敏感肌、乾燥肌をケアする保湿成分

注目の保湿成分「セラミドナノスフィア」
保湿成分を「ヒト型セラミド」で囲むことによってカプセル化。通常のセラミドの20分の1と非常に小さいので、肌のすみずみにまで浸透し、乾燥や外部刺激で乱れてしまったセラミド配列にぴったり適合して保湿効果を発揮します。

ディセンシア「サエル」がおすすめなのはこんな人
  • 自分は敏感肌または乾燥肌だと思う
  • 美白化粧品は肌荒れが心配
  • ストレスによる肌トラブルの経験がある
  • 敏感肌だけど美白をあきらめたくない
  • 「敏感肌用」に魅力を感じる