小林麻央 抗がん剤の副作用で太る? 川島なお美との違い

cancer

がんで痩せる太るは大問題

乳がんのため闘病中の小林麻央さん。1年8カ月前に乳がんが発見されてから抗がん剤などによる薬物療法で治療を続けてきました。抗がん剤の副作用のためか、少し太ったのではないかとの報道が写真付きでされていました。

一般的には、がんなると痩せるというイメージがあります。例えば、昨年、肝内胆管がんで亡くなられた川島なお美さんは激ヤセしていました。亡くなる少し前にワインのイベントに姿を見せたときの体重は30kg台前半だったといわれています。


がんで亡くなる人の3分の2は痩せる

実際のところ、がんになると痩せやすいのでしょうか、それとも太りやすいのでしょうか?  大局的には一般的なイメージの通り、がんになると痩せやすいというのが正解のようです。がんと診断された時点でおよそ半数の人が痩せており、がんが原因で亡くなる人の3分の2くらいは痩せているといわれています。診断時でも痩せている割合は多いのですが、亡くなるときにさらに多くなっているのは、がんが末期になるに従ってますます痩せやすくなることを示しています。

(参考:がんで痩せてしまうのを防げないのは、なぜ?

小林麻央さんの状況は川島なお美さんとは異なる

川島さんの場合は末期といえる状況。手術を行いましたが、むくみなど外見に現れる副作用を避けるために抗がん剤治療や放射線治療は一切行っていなかったということです。

川島さんと小林さんの対比は次のようになるでしょう。

<ステージ>
川島さん:末期
小林さん:恐らく末期ではない(※投稿時の予想。現在ではステージ4であることが分かっています)

<部位>
川島さん:食べ物の消化・代謝に関わる肝内胆管
小林さん:食べ物の消化・代謝に関わらない乳腺

<治療手段>
川島さん:手術あり、抗がん剤なし
小林さん:手術なし、抗がん剤あり

小林麻央 激ヤセが生存率に影響するとき、しないとき

2016.09.24

乳がん治療は太りやすい

がんは生死が問題になる段階では痩せる傾向が強いのですが、治癒を目指して治療を続けていく過程では太ることもあります。特に乳がんはの治療は太りやすいといわれています。

抗がん剤を投与する際の点滴に用いるブドウ糖。抗がん剤の副作用を抑えるステロイドは太りやすくなる要因です。また、がん治療中は満足に運動できないことも太りやすさにつながります。

さらに、乳がん治療のホルモン療法は女性ホルモンのエストロゲンを抑える働きがあり、のぼせやむくみ、イライラといった更年期障害と似た症状が出ることが知られています。ホルモン療法は、エストロゲンの影響で大きくなるタイプのがんに対して行われ、太りやすくなる要因として最も有力なものといえます。

では、小林さんが太っていることは良いことなのでしょうか。それとも悪いことなのでしょうか。まず、がんで亡くなる人の多くがそうであるようにやせ細ってしまうのに比べれば良いことは間違いないでしょう。一方、がんがエストロゲンで大きくなるタイプだった場合は、脂肪細胞が増えるとエストロゲンの分泌が増えてしまうので良くない面もあります。

基本的に、薬物療法の副作用による肥満は避けた方が良いと考えられています。小林さんが痩せていないことはひとつの安心材料となりますが、一方で、太り過ぎないことは治療における努力目標のひとつとなっているはずです。

小林麻央の乳がん10訓【真似、ダメ、絶対!】

2018.08.05


【Q&A】乳がんに負けない!免疫力を高める食事術

検査や治療だけじゃなく、自分のために自分自身ができることって何かある?

あります! それは毎日の過ごし方、特に免疫力を左右する食生活のあり方です。不確かな情報に振り回され、極端な食事療法なんてしたら、あなたの体はボロボロに……。免疫力にだって悪影響が出かねません。

基本的な食事の心構えから、どのような栄養素に注目すべきかまで、6つの「Q&A」で解説します。

Q1:がん予防、がん闘病のための食事のポイントは?

A1:神経質にならずに、しっかり食べる

がんにならないためには免疫力がしっかり働くことが大切。また、がんになってしまった後では痩せないことが非常に重要です。

小林麻央さんのケースでもそうでしたが、がんが進行すると痩せてしまい、闘病のための体力も奪われます。それを避けるには十分なエネルギー量と、タンパク質、ビタミン、ミネラルといった栄養素が不足しないようにすることが大切です。

しかし、あまり神経質にってもよくありません。一般的なバランスの良い食事をしっかり続けることを第一に考えましょう。

参考:食事と栄養のヒント(国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策情報センター)


Q2:がん予防や進行を遅らせるために避けた方が良い食品は?

A2:がんの種類によっては肉や塩分を控える

基本的に、何かを避けることよりも、バランスよくしっかり食べることの方が大切です。中には避けた方がよいとされる食品もありますがごくわずかです。こちらを参考にしてください。

がんの種類によって避けたい食品
アルコール…肝臓がん・大腸がん・乳がん・肺がん・食道がん
塩分…胃がん
肉類…大腸がん・乳がん

参考:健康長寿ネット(公益財団法人長寿科学振興財団)



Q3:糖質は控えた方がよいのですか?

A3:極端な糖質制限は一般的には勧められない

まず、がん細胞が糖質を好むというのは本当です。例えば点滴で糖質を供給することでがん細胞が増大することはあります。しかし、糖質は正常な細胞も必要としているのでトータルで判断することが大切です。

一般的には次の理由で極端な糖質制限は勧められません。

  • 体重減少のつながる
  • 筋肉の減少につながる
  • 糖質不足は、がん細胞を攻撃するNK(ナチュラルキラー)細胞の働きを弱める

糖質制限でがん細胞の栄養をブロックできたとしても、がんを攻撃する免疫力が低下したり、筋肉が減って体力が低下してしまったりすれば、メリットよりもデメリットの方が上回ることになるでしょう。

参考:がん治療における糖質制限(リンパ球バンク株式会社)



Q4:積極的に摂りたいサプリメントは?

A4:筋肉の維持のためにはBCAAとEPAが有益

まず、がんは特定の食品によって治すことはできないと考えましょう。食品にできるのはあくまでも、より良いコンディションを保つこと。近年、特に重要視されているのが筋肉の維持です。筋肉が減少すると体力が低下するばかりでなく、抗がん剤治療にともなう副作用の影響を受けやすいとの指摘があります。これを避けるために筋肉の維持に役立つ栄養素を積極的に摂るとよいでしょう。

サプリメントとして摂取するならBCAAとEPAが有力な候補となります。

筋肉の材料となるのは肉、魚、乳製品などの含まれるタンパク質です。タンパク質をパウダー状にして摂取しやすくしたものがプロテインパウダーです。

タンパク質は体内で分解されるとアミノ酸になります。アミノ酸は体内で合成できる非必須アミノ酸と合成できない必須アミノ酸に分類され、特に必須アミノ酸の摂取が大切だと考えられています。

必須アミノ酸の中でもバリン、ロイシン、イソロイシンの3つはBCAAと呼ばれ、筋肉づくりと密接に結びついています。BCAAは筋肉で代謝されるのが特徴で筋肉の分解を防ぎ、筋肉の合成をサポートします。なおBCAAの中でも筋肉の合成に最も影響を与えるのはロイシンです。近年ではこのロイシンの代謝物である「HMB」が筋トレ愛好家や美容意識の高い女性の間で注目を集めています。HMBはロイシンを摂取していれば体内で作られますが、それだけでは十分な量を補えないそうです。

一方、EPAは青魚に含まれるフィッシュオイルのひとつ。血液をサラサラにする効果や、炎症を抑える効果が得られることから、医療分野でも活用されるようになっています。

参考:もっと知ってほしいがんと栄養のこと(監修:がん研有明病院 比企直樹医師)

↓【約90%OFF】BCAAとHMB、さらに美容のための成分をたっぷり含んだサプリはこちら。


Q5:EPAの働きをもう少し詳しく説明してください

A5:EPAは血液をサラサラにし、運動にも良い影響を与える

EPAはもともとイヌイットの人たちの間で心臓疾患による死亡件数が少ないことから、「青魚」の摂取が関係しているのではないか、と注目を集め、研究が進んだ成分です。

現在では血液をサラサラにする効果があることが分かっています。血液がどろどろだと血管の壁が厚くなったり、血液が詰まりやすくなったりし、心臓の重要な血管が詰まると狭心症や心筋梗塞を引き起こします。血液をサラサラにすることにはこうしたリスクを下げる効果があります。

また運動の際に体の隅々まで酸素を届けるのは血液中の赤血球です。EPAの働きで血液がサラサラになれば効率よく赤血球による酸素運搬が行われ、

  • 運動中に疲れにくい
  • 運動後の筋肉痛が軽くて済む

といったメリットがあります。

なおEPAはDHAとセットで語られがちですが働きは異なります。DHAは主に子どもの脳の働きに良い影響を与える栄養素です。成人が健康づくりや筋肉維持のために用いるならEPAの方が適しています。

DHAの方が製造コストが安いため、安価なサプリメントはDHAの割合が高くなっています。できればEPA 2:DHA 1というようにEPAが多く配合されているものを選ぶとよいでしょう。

↓EPAとDHAの比率は脅威の4〜5:1。含有量・吸収率で選ぶならこちら。


Q6:免疫力を高める栄養素はある?

A6:ブロッコリーに少量含まれる「ブロリコ」が注目されている

まず免疫力は総合的なものです。栄養バランスの悪い食事や、カロリー不足の食事をとりながら、特定の栄養素を過剰に摂取しても良い結果は得られないでしょう。

しっかりとした食事をし、その上でプラスアルファの効果を期待するのであれば、特定の栄養素を取り入れることも有意義です。

例えば今、注目を集めている成分に、東京大学と特許を取得した「ブロリコ」があります。メーカーが明らかにしている研究データによると、次のような驚異的な数字が示されています。

「ブロリコ」の驚異的な食品活性率

  • β-グルカンの約50倍
  • メカブフコイダンの約60倍
  • DHAの70倍以上
  • アサイーの約240倍
  • プロポリスの1000倍以上

最も大切なのは、あまり神経質になり過ぎずにバランスのよい食事を続けること。そして、特定の栄養素を取り入れるときは、迷信や民間療法といった根拠のない情報ではなく、科学的な根拠(エビデンス)が示されているものの中から選ぶようにしましょう。

↓今だけ!初回980円のお得なコースで「ブロリコ」が買える!



↓無料で「ブロリコ」の資料を取り寄せるならこちら。
【ブロリコ研究所】

【こちらの記事も読まれています!】
【免疫力と食事】糖質制限はOK?それともNG?麻央と海老蔵の食育格差

小林麻央関連の全記事はこちらの【まとめ】で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です