小林麻央 激ヤセが生存率に影響するとき、しないとき

cancer

小林麻央 激ヤセは本当か?

小林麻央さんの激ヤセ説が浮上しています。数カ月前には太った説(それを腹水によるものと報じた週刊誌もありました)も出ていたのに本当に目まぐるしい変化です。

確かにブログにアップされる写真を順に追っていくと、見た目の印象が随分変わったようにも思われます。痩せているといわれれば、そのようにも見えます。

がんで激ヤセというと川島なお美さんを連想する人がいるかもしれませんが、川島なお美さんと小林麻央さんでは状況が随分異なっており、仮に小林麻央さんが激ヤセしていたとしても同じ経過をたどるというわけではありません。

ただ、がんによって痩せた場合、生命予後に大きく影響する痩せ方があるので注意が必要です。

麻央ちゃん&海老蔵の気になる発言。

小林麻央 海老蔵の反応がおかしい…次の退院は看取り?

2016.09.19

小林麻央 もう治らない? 死を受け入れたような言葉集

2016.09.17

がんの生命予後にBMIはあまり関係がない

まず、体型の変化を把握するのに使われる指標として一番有名なのがBMIです。
美白ケアの4つの欲求…これで自分に必要なコスメが分かる!

BMIとは体重を身長の2乗で割った数字で、肥満や痩せすぎの目安になるのはご存知の通り。

<BMIの計算式>
体重(kg)÷身長(m)の2乗

健康維持のためにとかく問題視されるのが肥満ですが、がん治療に入った段階でむしろ警戒すべきは痩せることの方です。
短期間で体重が減り、BMIの値が急激に下がることは生命予後にとって良いことではありません。しかし、がん治療における体型の変化を問題にするとき、BMIが最も重要な指標というわけではありません。

なぜ、手術しなかったんだろう?

小林麻央 5%以下の確率引く!? 温存手術前に進行

2016.09.26

小林麻央 抗がん剤が効きにくいルミナールタイプ?

2016.10.03

小林麻央 手術せず術前化学療法で完全奏効に期待説

2016.09.25


生存率に大きく影響するのは筋肉量だった!

肺がんや消化器がんの患者1473人を対象に、生存期間と体型の関係を調査した研究があります。
それによると、次の3項目が生存期間と密接に結びついていたといいます。

1)高度の体重減少
2)骨格筋指数低値
3)筋肉衰退低値

まず1)は単純に体重が減ってしまうことを指しています。ですからBMIも無関係ではありません。

次に2)ですが、これには少し説明が必要でしょう。
骨格筋肉指数とは、四肢の筋肉量を身長の2乗で割った数字でSMIと呼ばれます。

<骨格筋肉指数(SMI)>
四肢筋肉量(kg)÷身長(m)の2乗

ちょうどBMIの体重のところを四肢筋肉量に置き換えたかたちですね。これで筋肉量の多い少ないが分かります。
そして、3)は筋肉の質のことで、筋肉のなかの脂肪の割合が高いと質の低い筋肉になり、CTで撮影したときに薄く映るのだそうです。

そして、1)~3)の全てに該当した人の生存期間が8.4カ月だったのに対して、ひとつも該当しなかった人は28.4カ月だっとのこと。筋肉の質と量の差で生存期間に3~4倍も差が開いてしまうのには驚かされますよね。

家族の状況や本人の気質が癌に影響。

小林麻央 家族性・遺伝性乳がんはリスク16~25倍

2016.09.24

いい人すぎる小林麻央 がんになりやすい性格だった!?

2016.09.22


筋肉量の維持に努めていた小林麻央

小林麻央さんは以前にブログでこんなことを書いていました。

ゆっくりだけど、歩く。
息切れするけど、歩く。
歩く、歩く、
積み重ねが大切だそうです。
9月7日「歩く」より

一般的な健康法としてのウォーキングはどちらかというと脂肪燃焼を目的とした痩せるための運動です。

しかし、がん患者にとっては意味合いが変わってきます。生存率を低下させる危険があるのは肥満ではなくて痩せすぎ、なかでも筋肉の量と質が低下した痩せすぎが危ないのです。

健康なときはあまり自覚しませんが、歩くというのは全体重を両足で支えて行う筋トレの要素があります。恐らく歩くことを医師から勧められたのだと思いますが、そこには後々の生存率を左右する、筋肉の質と量の維持という切実な課題があったと考えられます。

さて、小林麻央さんが仮に痩せているとしたとき、どういう痩せ方なら比較的問題なく、どういう痩せ方だと危険なのかはもう明白でしょう。

体重が減少してBMIが少し下がったとしても、筋肉内の脂肪が少なく、SMIの数値が高い痩せ方なら大きな問題はないと思われます。反対にBMIを維持していたとしても筋肉内の脂肪が多く、SMIの数値が低い場合は予後に悪影響を与える可能性が高くなります。筋肉と食事は密接に結びついています。しっかり食べて筋肉の質と量を維持してくれることを願いましょう。

小林麻央の乳がん10訓【真似、ダメ、絶対!】

2018.08.05


【Q&A】乳がんに負けない!免疫力を高める食事術

検査や治療だけじゃなく、自分のために自分自身ができることって何かある?

あります! それは毎日の過ごし方、特に免疫力を左右する食生活のあり方です。不確かな情報に振り回され、極端な食事療法なんてしたら、あなたの体はボロボロに……。免疫力にだって悪影響が出かねません。

基本的な食事の心構えから、どのような栄養素に注目すべきかまで、6つの「Q&A」で解説します。

Q1:がん予防、がん闘病のための食事のポイントは?

A1:神経質にならずに、しっかり食べる

がんにならないためには免疫力がしっかり働くことが大切。また、がんになってしまった後では痩せないことが非常に重要です。

小林麻央さんのケースでもそうでしたが、がんが進行すると痩せてしまい、闘病のための体力も奪われます。それを避けるには十分なエネルギー量と、タンパク質、ビタミン、ミネラルといった栄養素が不足しないようにすることが大切です。

しかし、あまり神経質にってもよくありません。一般的なバランスの良い食事をしっかり続けることを第一に考えましょう。

参考:食事と栄養のヒント(国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策情報センター)


Q2:がん予防や進行を遅らせるために避けた方が良い食品は?

A2:がんの種類によっては肉や塩分を控える

基本的に、何かを避けることよりも、バランスよくしっかり食べることの方が大切です。中には避けた方がよいとされる食品もありますがごくわずかです。こちらを参考にしてください。

がんの種類によって避けたい食品
アルコール…肝臓がん・大腸がん・乳がん・肺がん・食道がん
塩分…胃がん
肉類…大腸がん・乳がん

参考:健康長寿ネット(公益財団法人長寿科学振興財団)



Q3:糖質は控えた方がよいのですか?

A3:極端な糖質制限は一般的には勧められない

まず、がん細胞が糖質を好むというのは本当です。例えば点滴で糖質を供給することでがん細胞が増大することはあります。しかし、糖質は正常な細胞も必要としているのでトータルで判断することが大切です。

一般的には次の理由で極端な糖質制限は勧められません。

  • 体重減少のつながる
  • 筋肉の減少につながる
  • 糖質不足は、がん細胞を攻撃するNK(ナチュラルキラー)細胞の働きを弱める

糖質制限でがん細胞の栄養をブロックできたとしても、がんを攻撃する免疫力が低下したり、筋肉が減って体力が低下してしまったりすれば、メリットよりもデメリットの方が上回ることになるでしょう。

参考:がん治療における糖質制限(リンパ球バンク株式会社)



Q4:積極的に摂りたいサプリメントは?

A4:筋肉の維持のためにはBCAAとEPAが有益

まず、がんは特定の食品によって治すことはできないと考えましょう。食品にできるのはあくまでも、より良いコンディションを保つこと。近年、特に重要視されているのが筋肉の維持です。筋肉が減少すると体力が低下するばかりでなく、抗がん剤治療にともなう副作用の影響を受けやすいとの指摘があります。これを避けるために筋肉の維持に役立つ栄養素を積極的に摂るとよいでしょう。

サプリメントとして摂取するならBCAAとEPAが有力な候補となります。

筋肉の材料となるのは肉、魚、乳製品などの含まれるタンパク質です。タンパク質をパウダー状にして摂取しやすくしたものがプロテインパウダーです。

タンパク質は体内で分解されるとアミノ酸になります。アミノ酸は体内で合成できる非必須アミノ酸と合成できない必須アミノ酸に分類され、特に必須アミノ酸の摂取が大切だと考えられています。

必須アミノ酸の中でもバリン、ロイシン、イソロイシンの3つはBCAAと呼ばれ、筋肉づくりと密接に結びついています。BCAAは筋肉で代謝されるのが特徴で筋肉の分解を防ぎ、筋肉の合成をサポートします。なおBCAAの中でも筋肉の合成に最も影響を与えるのはロイシンです。近年ではこのロイシンの代謝物である「HMB」が筋トレ愛好家や美容意識の高い女性の間で注目を集めています。HMBはロイシンを摂取していれば体内で作られますが、それだけでは十分な量を補えないそうです。

一方、EPAは青魚に含まれるフィッシュオイルのひとつ。血液をサラサラにする効果や、炎症を抑える効果が得られることから、医療分野でも活用されるようになっています。

参考:もっと知ってほしいがんと栄養のこと(監修:がん研有明病院 比企直樹医師)

↓【約90%OFF】BCAAとHMB、さらに美容のための成分をたっぷり含んだサプリはこちら。


Q5:EPAの働きをもう少し詳しく説明してください

A5:EPAは血液をサラサラにし、運動にも良い影響を与える

EPAはもともとイヌイットの人たちの間で心臓疾患による死亡件数が少ないことから、「青魚」の摂取が関係しているのではないか、と注目を集め、研究が進んだ成分です。

現在では血液をサラサラにする効果があることが分かっています。血液がどろどろだと血管の壁が厚くなったり、血液が詰まりやすくなったりし、心臓の重要な血管が詰まると狭心症や心筋梗塞を引き起こします。血液をサラサラにすることにはこうしたリスクを下げる効果があります。

また運動の際に体の隅々まで酸素を届けるのは血液中の赤血球です。EPAの働きで血液がサラサラになれば効率よく赤血球による酸素運搬が行われ、

  • 運動中に疲れにくい
  • 運動後の筋肉痛が軽くて済む

といったメリットがあります。

なおEPAはDHAとセットで語られがちですが働きは異なります。DHAは主に子どもの脳の働きに良い影響を与える栄養素です。成人が健康づくりや筋肉維持のために用いるならEPAの方が適しています。

DHAの方が製造コストが安いため、安価なサプリメントはDHAの割合が高くなっています。できればEPA 2:DHA 1というようにEPAが多く配合されているものを選ぶとよいでしょう。

↓EPAとDHAの比率は脅威の4〜5:1。含有量・吸収率で選ぶならこちら。


Q6:免疫力を高める栄養素はある?

A6:ブロッコリーに少量含まれる「ブロリコ」が注目されている

まず免疫力は総合的なものです。栄養バランスの悪い食事や、カロリー不足の食事をとりながら、特定の栄養素を過剰に摂取しても良い結果は得られないでしょう。

しっかりとした食事をし、その上でプラスアルファの効果を期待するのであれば、特定の栄養素を取り入れることも有意義です。

例えば今、注目を集めている成分に、東京大学と特許を取得した「ブロリコ」があります。メーカーが明らかにしている研究データによると、次のような驚異的な数字が示されています。

「ブロリコ」の驚異的な食品活性率

  • β-グルカンの約50倍
  • メカブフコイダンの約60倍
  • DHAの70倍以上
  • アサイーの約240倍
  • プロポリスの1000倍以上

最も大切なのは、あまり神経質になり過ぎずにバランスのよい食事を続けること。そして、特定の栄養素を取り入れるときは、迷信や民間療法といった根拠のない情報ではなく、科学的な根拠(エビデンス)が示されているものの中から選ぶようにしましょう。

↓今だけ!初回980円のお得なコースで「ブロリコ」が買える!



↓無料で「ブロリコ」の資料を取り寄せるならこちら。
【ブロリコ研究所】

【こちらの記事も読まれています!】
【免疫力と食事】糖質制限はOK?それともNG?麻央と海老蔵の食育格差

小林麻央関連の全記事はこちらの【まとめ】で