突然の吐血…肝硬変患者に多い静脈瘤破裂とは?

静脈瘤破裂は、突然吐血し、死に至ることもある疾患です。肝硬変が進行している人に多く見られるのが特徴です。

肝臓への血液の流れが悪くなると…

肝炎ウイルスへの感染や過度の飲酒、肥満などが原因で肝臓に炎症が起きることを肝炎といいます。この肝炎の状態が長く続くと肝臓が固くなって機能が低下する肝硬変に発展します。通常、心臓に帰る血液は、門脈という血管から肝臓に流れていくルートを通ります。ところが肝硬変になると、門脈から肝臓に血液が流れにくくなり、いわばせき止められてるような状態になります。

その結果、血流は逆流し、細い血管内に大量の血流が流れ込み、迂回路を通って心臓に戻ろうとします。その道筋となるのが食道や胃の粘膜の下を通る静脈です。静脈に大量の血が流れ込むと血管はデコボコとこぶ状に変形します。それが食道静脈瘤や胃静脈瘤です。

食道静脈瘤が破裂した場合

食道静脈瘤が破裂すると吐血します。吐血した場合はただちに止血と輸血を行う必要があります。静脈瘤破裂時の緊急止血に用いられる治療に食道静脈結紮術(EVL)があります。ゴムバンドで静脈瘤を縛りつけることで血栓性閉塞を引き起こして静脈瘤を消失させようというものです。

食道静脈瘤治療の主流となっているのが内視鏡的硬化療法(EIS)です。この治療では、内視鏡を食道へと送り込み、レントゲンで確認しながら血管に針を刺して硬化剤を注入します。硬化剤を血管の中と食道の粘膜に注入することで静脈瘤を固くして消失させることができます。

静脈瘤は通常ただちに破裂するものではありませんが、肝機能が低下している人は検査を受けておくとよいでしょう。検査で静脈瘤が見つかれば予防的な治療によって破裂を未然に防ぐことができます。また、万が一出血が見られたときは急いで病院に向かってください。

飲み過ぎによるポッコリお腹、「メタボ」よりも「肝硬変」が心配

忘年会は飲み過ぎに注意! アルコール依存の人の○○%に肝障害!?

阿藤快さん死去――急性大動脈疾患の発生数は急性心筋梗塞の約3分の1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です