健康に悪影響を与える「騒音」のレベルはどれくらい?

souon

不快な騒音……。このままじゃ病気になる!と思うこともあります。実際、健康に悪影響を与える騒音とはどのレベルからなのでしょうか。ここでは騒音の影響を確認し、いくつかの騒音対策を見てみましょう。

騒音の影響① 騒音を示す単位「デジベル」とは

聞きなれない言葉ですが、音の大きさ(騒音)は「デジベル」という単位で表されます。次の例によって、おおよその音のレベルをイメージできるでしょう。

  • 書店の店内    約50デシベル
  • ファミレスの店内 約60デシベル
  • 航空機の機内   80デシベル弱
  • パチンコ店の店内 90デシベル弱
  • チェーンソー   約110デシベル

騒音の影響② 夜間騒音に注意…心疾患リスクを高めることも

夜間の騒音が健康に与える影響に関して、欧州WHO夜間騒音ガイドライン(2009)が示す基準を見てみましょう。

  • 30デシベル以下…夜間騒音の影響がほとんど生じない。
  • 30~40デシベル…睡眠に対して影響が出始める。40デシベルは悪影響が生じ始める下限といえる。
  • 40~55デシベル…健康への悪影響が生じる。感受性の高い人は深刻な影響を受ける。
  • 55デシベル以上…高頻度で健康への悪影響が生じる。多くの住民が不快感や睡眠障害を訴え、心疾患リスクが増加する。

夜間は比較的小さな騒音でも健康リスクにつながります。ファミレスの店内は約60デシベルですが、夜間に同等の騒音を被ると睡眠妨害や心疾患リスクが増加する危険があります。

騒音の影響③ 音が聞こえにくくなる「騒音性難聴」とは

大きな騒音に一定時間曝されると、音が聞こえにくくなる「騒音性難聴」が生じます。音が大きくなるほど、より短い時間で騒音性難聴が引き起こされます。障害が発生するまでの時間は、3デジベルごとに半減していきます。下記は米CDC(疾病対策予防センター)が示す基準です。

  • 85デシベル…8時間
  • 88デシベル…4時間
  • 91デシベル…2時間
  • ~中略~
  • 109デシベル…2分

例えば、88デシベルのパチンコ店で過ごした場合、約4時間で騒音性難聴のリスクが生じることになります。109デシベルのチェーンソーであれば、2分でリスクが生じます。大きな音の場合、たとえ短い時間であっても危険です。一方、すぐに影響がでないレベルの騒音でも数時間後に影響が出ることもあります。耐えられる範囲のように思える騒音であっても、長時間曝されると危険性が増すので注意しましょう。

騒音対策① できるだけ音をシャットアウトする

工事中の音などは一定期間が過ぎれば無くなりますが、なくならない騒音もあります。例えば住居が道路や線路の近くだとか、隣人の生活音がうるさいといった場合です。

健康被害がでるくらいなら引越しも視野に入れるべきでしょう。ただ、そうする前にできるだけ音をシャットアウトするように努め、今悩まされている音に耐えられるか試してみる価値はあります。

  • 耳栓…手軽で安価な方法ですが効果はあります。特に音の大きさはたいしたことはないが、話し声が気になるといったレベルの騒音ならシャットアウトできます。
  • 遮音シート…大規模な防音工事をしなくても壁に貼り付けることで騒音を軽減してくれます。完全に音をシャットアウトできるわけではありませんが、断続的に音が聞こえる環境ではストレス軽減に役立ちます。
  • 組み立防音室…ダンボール製の簡易防音室が販売されています。狭いのでこの中で長時間過ごすことはできませんが、どうしても集中したいとき用に使えます。またこうした避難所があることで心理的にも楽になります。

騒音対策② 補聴器を使うケースとは

大きな騒音が原因で一時的に耳が聞こえにくくなっている場合は早期治療で改善することが多いようです。一方、耳が聞こえにくくなってから時間が経過し、聞こえにくい状態が固定化してくると治療による改善が困難になります。

また、音を聞くの能力と、言葉を理解する能力は別々のものです。騒音による難聴では音を聞く能力が低下しますが、この状態が続くと、言葉を理解する能力まで低下してしまう心配があります。

補聴器を使うケースとしては、

  • 難聴の改善が期待できないので、補聴器によって聞く能力をサポートする
  • 聞く能力の低下にともない、言葉を理解する能力まで低下するのを防ぐ

があります。

騒音環境下で聞き取りやすい「セレクトーン」




騒音が原因で難聴になり補聴器を使用するとき問題になるのは、引き続き騒音環境下で過ごす必要がある場合です。一般的に、補聴器は騒音環境に弱く、聞こえ方の調整も非常に難しくなるためです。

実際、補聴器が使われなくなる理由として、

  • エアコンの音や物音など、聞く必要のない音が大きく聞こえて不快
  • とくに騒音環境下で話し声が聞き取れない

が多く挙げられています。

そこで注目されているのがミミー電子の「セレクトーン」。セレクトーンは特殊IC回路を内蔵することで、使用者自身が騒音環境下で「聞こえ合わせをしながら」音質微調整がでいるというものです。

↓セレクトーンの詳細やご購入は公式ページからどうぞ。

騒音対策③ 眠れないときに役立つサプリメント




休息サプリメント「ネムリス」は筑波大の監修によって生まれました。上手に取り入れれば、騒音に伴うストレスや不眠の悪影響をやわらげられる可能性があります。

筑波大・裏出教授は睡眠時脳波検証という方法で次のことを明らかにしました。

  • ネムリスによってノンレム睡眠の割合が増える
  • ネムリスを飲んで寝ると早期レム潜時(れむせんじ)が見られない

まずノンレム睡眠というのは深い眠りのこと、ノンレム睡眠の割合が増えるということは、それだけぐっすり眠れていることを示しています。

物音が気になったり、常にストレスを感じている人は、ノンレム睡眠の後のレム睡眠がすぐに来てしまい(早期レム潜時)、夢を見たり、途中で目が覚めたりと睡眠の質が低くなりがちです。そういうことを起きにくくする働きがあります。

寝入りばなのノンレム睡眠がしっかり続いて眠りが深く、途中で目覚めたり夢を見続けたりして眠りが妨げられることもない。そうなれば翌朝もスッキリ目が覚めて、日中に悪い影響がでることも回避できるでしょう。

ネムリスにはギャバ、グリシン、テアニン、トリプトファンといった、睡眠に有効とされる主要な成分はおおかた含まれています。そして、最大のオリジナリティは特許成分の「ラフマ葉抽出物」。これのリラックス作用がとにかく素晴らしいそうです。

↓ネムリスの詳細やご購入は公式ページからどうぞ。

参考:
「休息サプリメント「ネムリス」が10月27日(月)リニューアル発売!筑波大・裏出教授監修の睡眠時脳波検証で国内で初めて科学的効果を発見」(SankeiBiz)

いかがでしたでしょうか。騒音問題は音そのものから離れるのが一番の解決です。どうしても難しい場合は、できるだけ音をシャットアウトする工夫をし、必要ならば聞こえ方を補い、眠れないときは眠るための生活リズムや栄養摂取を検討しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です