小林麻央の乳がん10訓【真似、ダメ、絶対!】

dame

小林麻央さんのブログを見ていると、アレ?こんなことしてていいの?っていうの結構あるよね。

うん。美談として語られがちだけど、正直ヤバいこと、間違ったこともたくさん書いてある

で、そこに価値があるんじゃないかなと思ったんですよ。だって、何が間違っているのかが分かっていれば、ほかの人が同じ失敗をしなくても済むわけだから……。もし間違いだと知らずにうっかり真似してしまったら大変。本当に洒落になんない。へたしたら死にますよ、と。

乳がんは、すべての女性が潜在的にかかえているリスク。もちろん、ならないのが一番いいけれど、なってしまったらひとつ、ひとつ決断していかなくちゃならない。そのときに間違った選択をしないでほしい。こんな言い方は故人に少し失礼かもしれないけど、反面教師として学ばせていただきましょう。

ダメ、絶対!<その1>「再検査すっぽかし」

小林麻央さんの乳がん発見のきっかけは、子どもと遊んでいるときに自分で胸にさわって「しこり」に気づいたこと。パチンコ玉のような固さだったと語っているよね。

あのお嬢様の口から「パチンコ玉」とかちょっと意外かも

確かに、例えがねw 割と庶民的なボキャブラリーなんだなと。それはさておき、どうして自分で気づいたのかというと、自分で気づけるくらいになるまで検査を受けてなかったから。

小林麻央さんの誤診問題というのは有名な話。最初の検診では乳がんの疑いは半々といわれていた。ところが再検査を受けた別の病院で「異常なし」と判定された。これが誤診だと騒がれたわけだけど。ここで重要なのは数カ月後に再検査に来るように言われていたのに、麻央さんは行かなかった。

そのときは、まさか自分が乳がんだとは夢にも思わなかったから再検査をそんなに重要なイベントととらえていなかった。月日は流れ、しこりはどんどん大きくなった。もちろん「異常なし」と言われていなければこんな結果にはなっていなかったけれど、それを言ってもしょうがない。医療だって完璧ではないわけだから。

間違って診断されてしまうことは誰にだって起き得ること。そういうことが起きるかも知れないと思っておかないとね。そうすれば「再検査」と言われれば必ず受けるでしょ。ひょっとしたら前回見落とされたものが今回見つかるかもしれないわけだから。

それに再検査を受けるとなったら、一度は真剣に「乳がんかもしれない可能性」に不安を感じながらも向き合うことができる。医師の言葉を受け止めて、しっかり自分の頭で考える準備を整えることができる。

ところが、再検査をすっぽかして、自分で異常に気づいてパニックのような状態で検査。それで「乳がんです」と言われても、受け止めきれない。きっと医師の診断も拒絶したくなってしまうでしょう。それが次の間違った選択につながっているように思えるんですよね。

小林麻央 誤診&治療迷走で「遠隔転移」最悪のシナリオ

2016.09.19

小林麻央「パチンコ玉」が危険な理由 ステージは?

2016.09.14

誤診? 小林麻央のしこり見落とし 北斗晶との違い

2016.09.12

ダメ、絶対!<その2>「民間療法、非標準治療」

誤診によって、乳がん治療のスタートは遅れてしまった。でもそれってせいぜい半年くらいのことなんですよね。そりゃ早いにこしたことはないけれど、乳がんが判明した時点なら、手術はできたようです。手術ができなくなったのは、さらに治療のスタートが遅れたから。

いわゆる空白期間というやつだ。
そう。小林麻央さんの闘病記には、ブログでは語られない空白期間が存在する。このことはよく知られているよね。問題はその期間にどこで何をしていたのか。ひとつ確からしいことは、「標準治療」は行っていないようだ、ということ。

標準治療というのは、こういう患者さんにはこの薬、この手術というように、ある程度あらかじめ決まっている、効果が見込める治療法のこと。効果が見込めるから保険適用にもなっている、いわば定番の治療。で、乳がんの場合、切除できる段階なら切除するのがよいと考えられている(多くの場合、手術前か手術後の抗がん剤治療と組み合わせる)。というのも切除しないでいると、その間に大きくなったり、他の部位に転移してしまう可能性が高まるから。

麻央さんは切除手術をしていない。つまり標準治療を受けてない。そして、何をしていたのかは語られていない。

それを語ったのは週刊誌だった
うん。「気功をやっていた」と報道されている。これはね、医療よりも気功を信じたのかというと、そうではないと思うな。自分の乳房を切りたい女性はいないでしょう。だから「切らなくても大丈夫」という人がいたら、そっちを信じたくなっちゃう。

最後は自分の選択だけど、乳がんが見つかって切れる段階なら、切った方がいいよ。その時になったら甘い言葉にゆらぎそうだから、「もし乳がんになったら私は絶対に切る!」と誓っておいてもいいくらい。

気功は治療に入りますか?麻央 悪化の原因?

2017.06.29

麻央 非標準治療<標準治療 セレブご用達の治療はない

2016.10.11

麻央 抗がん剤もなし? 告知後に非標準治療って本当?

2016.10.07

ダメ、絶対!<その3>「放置からの花咲き乳がん」

乳がんと診断されたあとで行っていたのが気功なら、実質的に意味のある治療は行われていない、つまり、放置していたに等しいということ。それでどうなったかというと、かなり厳しい症状が出ていたらしい。このことは夫の海老蔵さんが、2016年の春ごろは特にひどかったといった内容を会見で話している。

具体的にどのような症状なのかは語られていないのだけれど……。

「花咲き乳がん」と言われている
そう、それ。怖いよね。乳がんが成長して大きくなると皮膚表面にも広がっていく。そして皮膚を破ってしまい、そこから体液がにじみ出るから、悪臭もするのだとか。こうなったら自宅では対処にも困るだろうな。もし乳がん自体を治療する意思がなかったとしても、この症状をどうにかするために病院にいかなくちゃいけないでしょ。

実際、長い治療の空白期間を経て、麻央さんが病院に入院することになったのは、そういう理由だったと言われている。

もし「切るぐらいなら死んでもいい」という人がいたらこれだけは知っておいてほしい。ただ死ぬだけじゃすまない。そうまでして守りたかった乳房に苦しめられるよ、と。脅すようで悪いけど、そういう可能性もあることを頭の片隅に入れておかないとだね。

麻央 空白期間の謎 がんを放置して良いとき、悪いとき

2016.10.17

花咲き乳がん!? 麻央の「進行性」は皮膚浸潤のこと?

2016.10.08

小林麻央 手術できない理由 局所進行からの遠隔転移説

2016.09.18
【純国産 生アガリクス100%エキス】

ダメ、絶対!<その4>「食事制限」

がんになって亡くなる人は、最後は痩せてしまう。

「悪液質」と呼ばれる代謝異常で、がんがエネルギーを浪費するんだよね
これを知っていると、とにかく痩せてはダメだということが分かる。健康な人が考えるような「糖質の摂りすぎ」や「脂質の摂りすぎ」は気にしている場合じゃない。食欲があるなら好きなものを食べて体力をつけた方がいい。

悪液質の症状が出る前の、かなり元気なころの麻央さんの食事は何かを制限しているような食事内容に見えた。健康な人が考えるような健康食というか……。結果を知っているから言えることなのかも知れないけど、こういう我慢は必要なかったのかもしれないな。食べられるうちは、美味しいと感じられるものを沢山食べた方が体にも心にも良いんじゃないかな。

麻央の儀式化した食事は死の受容か?

2017.05.05

麻央 食事に違和感 マクロビ系? ゲルソン療法?

2016.10.10

小林麻央 抗がん剤の副作用で太る? 川島なお美との違い

2016.06.19

ダメ、絶対!<その5>「性格」

乳がんと性格は関係しているのか?という疑問があるけど。がんになりやすい性格についての研究はいくつもあって、何でも深刻に受け取ってストレスをためるタイプはあぶないらしい。

あと性格は治療の選択に影響するよね。強いこだわりがあって、医師や家族のいうことに耳を傾けない、とか。麻央さんの性格ってどんなだろうね?

夫の海老蔵さんが破天荒な人だから、それを支えるしっかりした優しい女性というイメージかな
そうかもしれない。だけどブログを読んでいると、違った一面も見えてくる気がするんだよね……。

麻央の優しさ強さ…報道されない本当の性格

2017.06.26

前向きな麻央 がんの受け止め方で生存率は変わるのか

2016.11.08

いい人すぎる小林麻央 がんになりやすい性格だった!?

2016.09.22

ダメ、絶対!<その6>「特別に手術してもらう」

麻央さんの乳がんはステージ4。遠隔転移があって基本的には治癒を期待できない段階とされている。治療の目標は苦痛が少なく、できるだけ長く生きられること。だからステージ4では基本的に手術は行わない。なぜかというと、手術による体への負担や苦痛の方が、治療効果を上回ってしまうから。

だけど麻央さんは結局、切除手術を行った
そうなんだよね。これにはちょっと、有名人特権のようなニュアンスを感じたかな。だって普通ならステージ4で手術は行わないわけだから。担当した医師も「これまでで一番よい手術ができた」と言ったのだとか。仮に春ごろが花咲き乳がんだったのだとしたら、とても手術ができる状態ではない。それが秋になって手術できたのだから大きな進展のようにも思える。

実際、この手術の後のわずかな期間は、苦痛も少なく穏やかな日々が続き、ひょっとして奇跡的な治癒もあるんじゃないかとさえ、思えるほどだった。

だけどこれには反対意見もあった。手術するということは、その間抗がん剤治療もストップしてかえって悪くなる。手術したから年はこせないだろうと。

麻央問題かいわいでは有名なクリニックのひとつ、ベルーガクリニックの先生だったね
そう、その先生。実際は年を越せたわけだけど、その後、骨転移などによる苦痛の日々があって、麻央さんは亡くなられた。延命効果はなくても、一時的に苦痛を緩和する効果はあったのかもしれないから、一概に否定はできないけれど……。

もし仮に、この手術が多くの医師の判断に反して行われた、有名人特権のようなものだったなら、無理に行わなくても良かったのかも、と思ってしまうな。

麻央 QOLだけじゃない! グレードC1の手術とは?

2016.10.04

麻央 ステージ4でも根治目標 20年生存2~3%の壁

2016.10.03

局所コントロールで治る?小林麻央 QOL求めた手術

2016.10.01

ダメ、絶対!<その7>「変な風呂に入る」

麻央さんが取り入れた2大変な風呂というものがあって。ひとつは酵素風呂。これは風呂といってお湯につかるのではなく、酵素を含んだ土?に入って温まるというもの。もうひとつは温浴療法という名前で登場したもので、こちらは医療機関で治療の一環として行われたもの。

麻央問題かいわいでは有名なもうひとつのクリニック、首藤クリニックで行われたやつだ
そう。がんは熱に弱いから、熱によってがんを消滅させるという発想は間違っていない。ただ、がんが死滅するほどの体温というのは意識がはっきりした状態で到達できるほど生易しいものではない。

どうやら温浴療法というのはバスタブにつかって受けるタイプの治療で、がんを死滅さえるほどの体温にはならないかもしれない。ただ、がんは死滅しなくても血行がよくなれば症状が緩和するなどのメリットはある。

酵素風呂も温浴療法も症状の緩和のために行うなら、選択肢のひとつとしてあっていいかな。でも、普通の治療を軽視して、これでがんを治そうとするのは危険な発想だと思う。最初に非標準療法を選んだのと同じマインドから来ている気がするんだよね。

麻央の進行が「首藤クリニックのせい」は情弱

2017.07.04

麻央の酵素風呂 酵素の力とは? 癌は死ぬの?

2016.12.30

麻央の水素温熱免疫療法 美白、髪質改善も?

2016.12.04

ダメ、絶対!<その8>「勝手に痛み止めをやめる」

手術を成功させた後の穏やかな期間に、麻央さんは温浴療法や放射線療法といった、これまでとは違ったアプローチに傾倒していった。新しい治療を取り入れるのはいいけれど、それまでの治療を否定するのはいかがなものかという印象を持った。

驚いたのは「どれが効いているのか分からないから」という理由で、それまで使っていた痛み止めやサプリメントを中止したこと。痛みがなく過ごせているのは、痛みを緩和する治療が上手くいっているからで、決して乳がんが良くなっているからではないのに……。

その後、麻央さんは骨転移の激しい痛みで入院するんだよね
骨転移の痛みは、痛み止めを続けていても結局起きたものなのかもしれないけど、自分の判断で痛み止めを中断するのは無謀すぎる……。一度ひどくなってしまった痛みを抑えるには、より多くの薬が必要になるから、痛みのない状態をキープすることが大切だと考えられているんだよね。

麻央が使うオキノームはモルヒネと同じ医療用麻薬

2017.01.12

麻央 痛み止めが効かなくなったら危ない?

2017.01.07

骨転移の痛みで再入院の麻央 必ず回復する理由

2016.12.23

ダメ、絶対!<その9>「リアル過ぎる描写」

がんで亡くなる人の最期の数週間というのはある程度似ている。麻央さんがブログで症状にふれるとき、それがまだ元気な内ならいいけど、典型的な末期の症状になってくると、余命が推測できてしまうものも含まれてくるんだ。熱、食欲、睡眠、むくみ、など着実にその時が「近づいてきている」のが分かり、見る側もつらい……。

確かベルーガクリニックは末期から始めるもんじゃないと、ブログ開始に否定的だった
読者の側としては希望を求めていた。今はつらくても、いつか良くなる未来を見たかったんだよね。だけど本当はブログを始めたときからバッドエンドは約束されていたようなものだったんだな。

麻央の食欲回復 ステロイドなら余命は…

2017.06.04

麻央 39度台の熱の原因は癌特有の腫瘍熱?

2017.04.30

ベルーガの暴露を時系列で整理 麻央ブログの何が問題?

2016.10.10

ダメ、絶対!<その10>「海老蔵」

麻央さんが苦しんでいるときも悩んでいるときも、この人は本当によくトレーニングをしていたね。

歌舞伎役者だからね。コンディションのキープは仕事のうちでしょ
うん。プロ意識として見れば確かに立派かもしれない。だけど……、明らかに楽しんでいる様子をブログで見ると、「妻が苦しんでいるのにコイツは」と、どうしても思ってしまうんだよ。マイペースというか、自分本位というか。
ま、そういう性格の夫だから救われている部分はあったことは認めよう。家族に一人病人がいたからといって全員で神妙にしていなきゃいけない理由はない。むしろつらい中にも喜びを見つけられるような人の方が安定感があるかも知れない。

が、浮気はダメだ。妻がそういう状態だから、なんてもちろん言い訳にならない。 「芸のこやし」と言えば何だって許されると思ってもらっては困るのだーっ!

海老蔵浮気?乳癌の8割で性生活再開の実態 麻央は?

2016.11.13

海老蔵の充実生活w 麻央ちゃん末期でもこれでいい理由

2016.09.27

小林麻央 海老蔵の反応がおかしい…次の退院は看取り?

2016.09.19
小林麻央さんの闘病記を時系列で知りたい方はこちらをどうぞ。

年表で見る小林麻央の経過【これでスッキリ】

2017.06.25

小林麻央関連の全記事はこちらの【まとめ】で