大動脈の血管の壁が剥がれる「大動脈解離」とは?

前兆のない、突然の胸や背中の痛み、それは発生時に最も強く、次第に弱まっていく……こんな症状が「大動脈解離」の特徴だそうです。大動脈は体の中で最も太い血管です。その血管壁が剥がれてしまうのが大動脈解離です。血管が剥がれると、血管壁の裂け目から本来ないはずの血流が生じ不安定な状態になり、血液がにじみ出たり、血管が破裂する危険が高まります。

緊急手術が必要なA型解離

心臓から脳へと血流を送る血管を上行大動脈(じょうこうだいどうみゃく)といいます。この部分に解離が生じたものをA型解離と呼びます。このA型では、にじみ出た血液が心臓を圧迫する「心タンポナーデ」や、大動脈弁を破壊されることによる急性心不全が生じることがあります。緊急手術によって、悪くなった大動脈を人工血管に置き換える必要があります。A型で手術を行わなかった場合、死亡率は24時間以内で20%、48時間で30%、1週間で40%、1か月で50%程度とされており、非常に重い病気であることが分かります。

保存療法中心のB型解離

一方、B型解離は、上行大動脈に解離が及んでいないものを指します。B型に対して手術を行う場合は、背骨のすぐ脇を通る大動脈にアプローチする必要があり、手術を行うリスクが高くなってしまいます。B型に対しては血圧を下げる降圧安静療法が行われ、一般的にはA型ほど深刻な状態ではないと考えられますが油断はできません。残念ながら大動脈解離を発症してしまってから自分自身でできることはほとんどありません。心臓血管外科を備えた医療機関にできるだけ早くたどり着くことが重要になります。

阿藤快さん死去――急性大動脈疾患の発生数は急性心筋梗塞の約3分の1

突然の吐血…肝硬変患者に多い静脈瘤破裂とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です