栗原類「注意欠陥障害」 アスペルガーとの違いは?

health

モデルの栗原類さんは注意欠陥障害(ADHD)という発達障害だそうです。長身イケメンながらネガティブ発言が多い独特なキャラクターもこれと関係しているのでしょうか。

発達障害というとアスペルガー症候群(ASD)というのをよく耳にしますが、栗原さんの注意欠陥障害とどう違うのでしょうか。

アスペルガー症候群(ASD)

発達障害では、注意欠陥障害とアスペルガー症候群(自閉症スペクトラム)の両方の特徴が見られるのが一般的で、どちらの割合がより強いかによって分類されるそうです。

アスペルガー症候群では、いわゆる空気が読めない、人の気持ちが分からないといった傾向があり、言葉が不自由でIQが低くなることが多いとされています。一方、規則を持つものに興味があり、数学が得意だったりします。コミュニケーションは苦手ですが、生活リズムを一定に保つことができ、ルールを守るのは得意です。

注意欠陥障害(ADHD)

注意欠陥障害の特徴は名前にもある通り、注意力が不足しておりミスが多いこと。「不注意」「衝動性」「多動性」が特徴とされています。注意関心の持ち方が独特で、いつまでもひとつのことに捕らわれたり、反対に、関心を向けるべきものに関心を向けることができずに事故に会いやすい傾向があります。興味が持てないことに対しては退屈してすぐに眠くなってしまうこともあります。こうした特徴のために、アスペルガー症候群に比べてルールを守ることが苦手。半面、発想力が豊かで新しいアイデアを生み出すことに長けています。

注意欠陥障害の特徴は成長とともに外からは分かりにくくなるそうです。また、注意力不足は大人になっても継続しますが、平均的な知性をもっていればメモをとるなどの習慣づけで問題が生じるのを防ぐことができます。ただし、完全に治るものではないそうです。

栗原類「注意欠陥障害」は天才肌!? 成功者に多いドラマチックに生きる才能とは?

出産時に増えるホルモン「オキシトシン」で自閉症スペクトラム障害が改善!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です