日本は「健康寿命」でも世界のトップ!

health

米ワシントン大をはじめとする研究チームは「健康寿命」に関する調査を英医学誌「ランセット」に発表しました。それによると、日本は男女ともに健康寿命で世界で1位となっていました。

平均寿命と健康寿命の違いは?

「平均寿命」は何歳まで生きることができるかについて平均値を示すものです。これに対して、「健康寿命」は寝たきりなど健康上の問題なしで、日常生活を送ることのできる年齢の上限を示しています。大きな違いは、健康寿命においては、ただ生きているかどうかではなく、QOL(生活の質)の観点が入っている点です。

仮に、平均寿命は長いのに、健康寿命が短いといった場合は、介護を必要とする期間が長いことを意味しています。高齢化社会においては、人間が自立して人間らしく生活するために、健康寿命を重視することが大切だと考えられています。

世界188か国のランキング上位は?

世界188か国の健康寿命を分析した結果がこちらです。

・男性
1位 日本
2位 シンガポール
3位 アンドラ
4位 アイスランド
5位 イスラエル

・女性
1位 日本
2位 アンドラ
3位 シンガポール
4位 フランス
5位 キプロス

日本は男女ともに1位。これは名誉なことですよね。ただし、課題もあります。国ごとの平均寿命と健康寿命の差を調べた調査(2013年)によれば、アメリカ8.0年、フランス7.7年、イギリス7.6年、中国7.0年、ドイツ6.9年というように、多くの国では平均寿命と健康寿命の差は7年程度となっていました。これに対して、日本では男性で9.6年、女性で11.1年と差が大きくなっています。つまり、寝たきりの状態で過ごす期間がそれだけ長いということです。日本は健康寿命においても世界のトップではありますが、それでも極めて高い平均寿命の水準にはまだまだ追いついていないのです。

【ロコモ対策】衰えると将来介護が必要になる2つの能力とは?

見た目の印象の違いが健康状態を示していることが判明

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です