小林麻央「乳がん」手術しない理由=乳房温存?局所進行乳がん?ステージは?

cancer

年表で見る小林麻央の経過【これでスッキリ】

2017.06.25

気功は治療に入りますか?麻央 悪化の原因?

2017.06.29

手術しない理由から、手術しなかった理由へ(前書き)

小林麻央さんの病状について海老蔵さんが初めて会見を開いた2016年6月9日。小林麻央さんはどの程度深刻な状況なのか、具体的にステージはどれくらいなのか、という点に関心が集まりました。そうした中、会見当日に投稿したのが当記事になります。

その後、およそ4カ月の間にさまざまな事実が明らかになっています。
大きなところでは、
・小林麻央さんはステージ4確定
・QOL(生活の質)向上のための手術成功
が挙げられます。

この事実を踏まえていない当記事には不正確な記述が含まれていることは否めません。ここでは小林麻央さんのステージを軽い場合で2、重い場合でも3cと推定しています。しかし、実際にはステージは4だったのです。

また、タイトルの「手術しない理由」からしてもはや当てはまっていないかもしれません。小林麻央さんはすでに手術を行ったからです。

ただ、手術しなかった理由についての謎はまだ残ったままです。より初期の段階で小林麻央さんが手術していないことは事実であり、その理由は語られていないのです。下記は会見当日に投稿された素朴な内容ではありますが、「手術しない理由」を「手術しなかった理由」に読み替えてご覧いただければと思います。

手術していない理由は明かされず

市川海老蔵さんによって妻・小林麻央さんの乳がんが公表されました。がんの進行度を示す「ステージ」については明かされていませんが、海老蔵さんは「比較的、深刻」とコメントしています。
美白ケアの4つの欲求…これで自分に必要なコスメが分かる!

ひとつ気になるのは麻央さんがまだ手術を行っていないこと。手術を行っていない理由には、手術しなくてもよい場合と、手術できない場合とがあります。「深刻」というコメント、そして、当初より「進行性がん」と報道されていたことを考えると、しないのではなく、できないのだと考えるのが自然です。麻央さんが手術できない理由とは何でしょうか。

手術できない「局所進行乳がん」

局所進行乳がんは手術が困難な乳がんで、「手術できない」理由となり得るものです。局所進行乳がんには次のような条件があります。
・がんが乳房表面の皮膚に及ぶ
・がんが胸壁に及ぶ
・炎症性乳がん
・鎖骨上リンパ節に転移がある

局所進行乳がんの治療は抗がん剤などの薬物療法が中心。薬物療法によって腫瘍やリンパ節の腫れを小さくし、可能と判断すれば手術や放射線治療を行います。

海老蔵さんの会見によると、麻央さんは入院して抗がん剤治療を受けており、その後、通院で抗がん剤治療を受けれるようになり、現在は手術する方向で考えているとのことです。麻央さんが「局所進行乳がん」だと仮定すると、こうした経緯とのつじつまが合います。局所進行乳がんのステージはⅢBまたはⅢC期に該当するので、文字通り深刻な状態といえます。

家族の状況や本人の気質が癌に影響。

小林麻央 家族性・遺伝性乳がんはリスク16~25倍

2016.09.24

いい人すぎる小林麻央 がんになりやすい性格だった!?

2016.09.22

乳房温存療法のための術前化学療法

乳房温存療法は腫瘍の大きさでいえば3センチ以下、ステージでいえばⅡ以下の乳がんを対象とするものです。しかし、3センチ以上の乳がんであっても抗がん剤治療の効果で腫瘍を小さくし、ステージを下げれば乳房温存療法の対象となります。手術を行う前に抗がん剤治療を行うことを術前化学療法といいます。

術前化学療法には乳房温存率を向上させる効果、そして、後々手術をした際の予後を向上させる効果が期待されています。はじめから乳房温存療法を想定しており、腫瘍が3センチ以下になるまでは「手術はできない」ということも起こり得るでしょう。ただし、手術の機会を後回しにしてしまうというデメリットもあります。手術ができるのに、乳房温存にこだわって術前化学療法を長引かせる判断を医師がすることは考えにくいと思われます。一般的に術前化学療法の治療期間は3~6カ月とされています。

誤診問題が気になります。

小林麻央 見落としの原因?乳瘤と誤診で生検怠る!?

2016.09.11

小林麻央 生検スルー問題:せめて細胞診で誤診防げた?

2016.09.15

麻央さんが乳がんの手術を行っていないことに関連して、ここでは2つのケースを挙げました。
想定される乳がんのステージは、局所進行乳がんであればステージⅢBまたはⅢC、乳房温存療法のための術前化学療法ならステージⅡ前後となるでしょう。

前者は明らかに深刻な状況ですが、後者も深刻ではないとはいえません。従って、海老蔵さんの「比較的、深刻」のコメントからステージを正確に推測することはできません。ただ、麻央さんの乳がんが見つかったのは1年8カ月前とのことですから、乳房温存療法のための術前化学療法の期間としては長すぎるようにも思われます。より重い方の想定が当たっていないことを願うばかりです。

小林麻央の乳がん10訓【真似、ダメ、絶対!】

2018.08.05
小林麻央さん関連記事はこちらの【まとめ】から

 

乳がんになりやすい家系がある?

身内に乳がんの人がいると、乳がんにかかりやすいと聞いたことがあります。

調べてみたところ、遺伝的に乳がんになりやすい体質を受け継いでいたり、乳がんになりやすい食事や生活習慣を持っていたりすることがあるそうです。

「マイコード」は遺伝子を調べることで、自分の持っている体質を知ることができます。専用キットに唾液を入れて郵送するだけなので簡単です。

もし、自分が属する遺伝子型が乳がんを発症しやすいものだったとしたら、発症リスクを高めるものをできるだけ避け、反対に発症リスクを下げるものを積極的に取り入れるなどの対策ができますね。

マイコードの標準的なサービスは、がんや生活習慣病などの主要な病気をはじめ、体質を含めた280項目の検査が行えるセット「ヘルスケア」で、こちらは2万9,800円となっています。

身内にがんを発症された方がいる場合、多種多様な疾患のリスクを知ることよりも、まずは「がんのリスク」を知ることを重視されると思います。

gan1

そうした場合には、乳がんをはじめ、がんに関する38項目の検査に絞った「がんパック」の方がよいでしょう。こちらは、がん以外を検査することはできませんが、その代わり、お値段がぐんと安くなって1万4,800円となっています。

「ヘルスケア」の約半額相当ですから、がんのリスクだけ分かればいいという人にとっては、とても便利なセットとなっています。

 

▼遺伝子検査『マイコード』を詳しく見る

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

>>遺伝子検査キットMYCODE

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です