歯科治療恐怖症を緩和する笑気ガス

歯医者さんが好きという人はあまりいないでしょう。誰だって痛い治療を受けたくはありません。中には、歯科治療に対して極度の恐怖心を抱き、気絶してしまう人もいるそうです。こうした歯科治療恐怖症に対しては、笑気ガスを活用した治療が行われています。

笑気ガスを使った治療

歯科治療中に笑気ガスを使うとリラックス効果が得られます。歯科治療では口を開けている必要があるので、鼻から低濃度の笑気ガスと酸素を混ぜ合わせたガスを吸入します。睡眠作用は弱いため治療中も意識は残っていますが、緊張がほぐれ、リラックスすることができます。歯科治療では、治療に伴う痛みを抑えるために局所麻酔薬を用います。しかし、中には麻酔が効いていて痛みを感じないはずなのに、恐怖心で体を固くする人がいます。笑気ガスを使ってリラックスすることができれば、恐怖心も軽減し、嘔吐反射も防げます。患者がリラックスすることで歯科医師も治療に専念できるというメリットもあります。

歯医者を嫌がる子どもにも有効

定期的に歯科医院を受診している人ほどお口の環境が良い傾向にあります。特に子どもの場合は、小さいうちに歯医者を嫌がるクセをつくると、その後長期にわたって治療がおろそかになりがちです。必要な治療を受けないままでいると、むし歯や歯周病などがどんどん悪化してしまいます。笑気ガスを使い、リラックスした状態で治療を受ければ、歯医者嫌いもそこまで悪化することはないでしょう。歯科治療に苦手意識のある人、子どもが歯医者を嫌がる人は、笑気ガスを取り入れている歯科医院をチェックしてみてはいかがでしょうか。

苦痛からの解放…究極の手段は「安楽死」? 日本にもある「消極的安楽死」とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です