小児がん、「不治の病」から「治る病気」へ

cancer

日本における小児がんの発生は年間2,000~2,500人とされています。かつては「不治の病」とされていた小児がんですが、現在では放射線療法や薬物療法の進歩によって治癒率も向上しています。小児がんの70~80%は治癒が期待できるとされています。

小児がんで多いのは?

小児がんで最も多いのは、小児がん全体の約40%を占めるとされる「白血病」です。次に多いのが約20%を占める「脳腫瘍」です。この他、「神経芽腫」、「悪性リンパ腫 」、「ウィルムス腫瘍(腎芽腫)」も比較的多く見られます。

「不明熱」に注意!

小児がんは、本人も家族も気づかないまま見過ごされがちな病気です。しかし、がんと診断されてから、さかのぼって考えてみると、2か月以前に何らかの症状に思い当るといいます。小児がんに特別な症状はありませんが、原因がはっきりしない不明熱が続くという特徴があります。不明熱を放置せず、医療機関を受診したことで小児がん発見につながるといったケースもあります。

北斗晶さんの傷痕公開宣言に考える 「全摘手術は悲惨さの象徴であるべきか?」

北の湖理事長が死去…大腸がん・直腸がんで怖いのは手術後の腸閉塞

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です