いっこく堂、意識失う。原因は脳? 腎臓? 睡眠不足? お酒?

health

腹話術師のいっこく堂さんが意識を失い、顔面強打のため救急搬送されました。「吐き気がある」という症状が報告されていますが、詳しい原因は語られていません。

顔面強打ということは脳も揺れており、吐き気の原因は脳震盪なのかも知れません。さらに心配されるのは、意識を失った原因。脳卒中で意識を失ったとすれば、顔面を打ったかどうかに関わりなく吐き気をもよおすことがあります。意識を失う原因について確認しておきましょう。

意識を失う原因は脳にある

脳に酸素不足や血流不足が起きると意識を失います。そして、そうした事態を引き起こす疾患はいくつも考えられます。
・脳卒中…脳の血流が途絶え脳細胞が壊死し、脳の機能に障害が起きることで意識を失います。
・腎臓・肝臓の機能障害…血液中の老廃物を除去する腎臓と肝臓の機能が低下すると、血液中に老廃物がたまり脳の機能障害が生じて意識を失います。
・低血糖…脳のエネルギー源である糖が不足することで意識を失います。
・高血糖…血糖値が上がり過ぎると血液がドロドロになり、脳の水分が引き出されて意識を失う。

いっこく堂さんは過去に尿管結石という腎臓の病気で搬送されたこともあるのでそちらも心配ですね。

重症ではないケースも

いっこく堂さんはブログで「また報告する」としていることから、意識を失った原因は深刻なものでない可能性もあります。

夜間であることを考えると、アルコールが原因かもしれません。重度の睡眠不足でも意識を失うことがあります。また、使い慣れていない薬品が脳に一時的に影響を与えたのかもしれません。意識を失った原因が深刻な疾患によるものではなく、吐き気の原因があくまでも顔面強打によるものであることを願いたいですね。

慢性的な疲労感の原因は「脳震盪後症候群」かも!?

「隠れ脳梗塞」と呼ばれる「ラクナ梗塞」の症状の特徴とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です