AKB48小林香菜さんが卒業! 「壊死性リンパ節炎」と松来未祐さんの「悪性リンパ腫」の共通点!?

AKB48の小林香菜さんさんが「壊死性リンパ節炎」という病気にかかったことを明かしました。主な症状は発熱と、首の「しこり」だったそうです。発熱だけなら「かぜかな?」と思うところですが、首にしこりができたら少し怖くなりますよね。小林さんも診断結果が出るまでは不安を感じていたといいます。首のしこりはリンパ節という部分の炎症が原因。リンパ節が炎症を起こして腫れることをリンパ節炎といいます。

リンパ節が腫れる理由

リンパ節が腫れるのは、体内に細菌やウイルスが入ったときに、これを排除するためにリンパ球の数が増え、免疫機能が活性化するためです。原因となる細菌やウイルスが外から入ってくるケースもあれば、すでに感染していて、普段はおとなしい細菌が体力の低下で活発になるケースもあります。

代表的なリンパ節は首、脇、鼠径部にあり、特に首が腫れることが多いそうです。リンパ節が腫れる原因が細菌の場合は抗生物質の効果を期待できます。ウイルスの場合は抗生物質がきかないため、熱をさますなどの対症療法が中心となります。

壊死性リンパ節炎の原因は?

壊死性リンパ節炎は1972年に九州大学で発見され、発見者の名前をとって菊池病と名づけられました。この病気は世界中で確認され、外国でもKikuchi’s disease(菊池病)と呼ばれているそうです。壊死性リンパ節炎には次のような特徴があります。
・10~30歳の女性に多い
・80%以上で頸部リンパ節腫大(首のリンパ節が腫れること)を発症
・1~2か月で治癒することが多い
・5%に再発が見られる

壊死性リンパ節炎の原因ははっきりしておらず、ウイルス説、アレルギー説、免疫異常反応説などがあります。有力視されているがウイルス説で、なかでもエプスタイン・バーウイルス(Epstein-Barr virus)の関与が疑われています。このウイルスは、声優の松来未祐さんの「慢性活動性EBウイルス感染症」を引き起こしたウイルスで、松来さんはこれが原因で悪性リンパ腫を発症したと考えられます。

壊死性リンパ節炎は安静にしていれば自然に治癒する病気で特に心配しなくてもよいそうです。ただ、その原因となっているかもしれないウイルスが、ときには深刻な事態を引き起こすことがあるというのは怖い気がしますよね。壊死性リンパ節炎においても慢性活動性EBウイルス感染症においても、EBウイルスがどのように働くのは分かっておらず、今後のメカニズムの解明が待たれます。

松来未祐さんの死因明らかに…EBウイルスが危険なとき、危険でないとき

小堺一機さんの「リンパ節転移」は原因不明!? これってよくあることなの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です