切迫早産の疑いで入院中の西山茉希さん、「經管2.4」の意味とは?

タレントの西山茉希さんが、俳優の早乙女太一さんとの間に第1子となる長女をもうけたのは2013年10月のこと。現在は、第2子を妊娠中ですでに8カ月に入っていますが、切迫早産の疑いがあることが分かり、入院管理を選択したそうです。西山さんは自身のインスタグラムで時折、經管の長さについてふれています。

「先日の検診で經管は2.4ミリ。0.2ミリの伸びは誤差のうちですとのこと」
「すぐに帰宅して無理に生活するよりも集中して安静をとり、少しでも經管を伸ばしておきたい」

經管の長さは切迫早産と関係していることが知られています。ところで、西山さんのいう「2.4」という長さにはどのような意味があるのでしょうか。

通常は臨月に入ってから短くなる經管

經管とは、子宮下部にある内子宮口と外子宮口とを結ぶ「子宮經管」のことで、赤ちゃんが下がってくるのを防ぐ重要な役割をもっています。臨月に入ると經管は少しずつ短くなっていき、これにともない子宮口も開いていきます。つまり、經管が短くなっているということは、それだけ出産のタイミングが近づいていることを意味します。

本来はまだ赤ちゃんが下がってくる時期ではないのにもかかわらず、經管が短くなっているとすれば、予定よりも早く生まれてしまう切迫早産の可能性があります。

經管が3センチを下回ると「短め」

一般的な經管の長さは3.5~4センチ程度だそうです。3センチ以下になると妊娠検診で短めであることを指摘され、切迫早産の心配があるので自宅で安静に過ごすように勧められます。

ところで、妊娠予定日はWHOの定める基準にしたがって妊娠40週目とされています。赤ちゃんが十分に育ち、お腹の中から出てきても問題のない期間は妊娠37週0日~41週6日とされ、この期間内での出産を正期産といいます。そして、早産とは、これよりも早い時期に出産することをいいます。

まだ正産期を迎えていないのに經管が2.5センチを下回ると切迫早産と診断され、入院管理の対象となります。西山さんの「經管は2.4」は正産期前の数字としては短めであることがわかります。そして、切迫早産と診断される2.5センチをわずかに下回っています。

切迫早産を回避するには安静にして過ごすことが大切ですが、西山さんは自宅での生活よりも入院の方がそうした目的にかなっていると判断されたようです。この選択が良い結果につながるように願いたいですね。

西山茉希「早産」乗り越えるもスピード復帰で「モデル体型」危機!? 骨盤開きっぱなしの不安

お笑いタレント・なるみさん「43歳の壁」超え出産! 40歳以上「初産」の割合はどれくらい?

妊娠中は「痔」になりやすいので注意!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です