小林麻央「しこり」発見 放置で成長? 大きさは?

cancer

年表で見る小林麻央の経過【これでスッキリ】

2017.06.25

気功は治療に入りますか?麻央 悪化の原因?

2017.06.29

小林麻央 しこりが大きくなっていた

小林麻央さんが「しこり」に自分では気づかなかった再検査のときとは異なり、自分で分かるほどに大きくなってしまったしこりに気づいた瞬間の恐怖や不安が9月13日付けのブログで語られています。

人間ドックで乳がんが疑われ、再検査を受けた小林麻央さんでしたが、「乳がんを疑うものではない」との診断にひと安心。半年後の再検査の予定も重く受け止めてはいなかったようです。気づけば10月。ある日、衝撃的な瞬間を迎えます。

【関連】授乳中だったことが乳がん発見の妨げに……
小林麻央 見落としの原因?乳瘤と誤診で生検怠る!?

【関連】検査結果に納得できないとき、どうしたらいい?
小林麻央 生検スルー問題:せめて細胞診で誤診防げた?

再検査スルー、放置で乳がんが成長

再検査で乳がんではないと知らされた小林麻央さんにとっては、乳がんに対する不安よりも、日々の忙しさの方がまさっていたようです。再検査の予定もずるずると伸び、当初予定していた8月を過ぎて10月になっても予約を入れていませんでした。

10月のある日、子どもと遊びながら何気なく左の乳房に触れると、
「パチンコ玉のようなしこり」に気づきました。

それはもう、再検査のときのように医師だけが気づくしこりではありません。自分でもはっきりと分かる、しこり。不安で何度も何度も触って確かめたといいます。

【関連】悪夢の始まり…パチンコ玉の比喩には意味が
小林麻央「パチンコ玉」が危険な理由 ステージは?

再検査で見逃された小林麻央さんの乳がんはその後も成長を続けていたのです。そして半年をすぎ、さらには10カ月を過ぎたとき、疑いようのないしこりにまで成長。それにしても、検査も治療もすることなく放置している間にどの程度大きくなってしまったのでしょうか。

乳がんの成長速度はどれくらい?

小林麻央さんが乳がんを放置している間に、しこりはどれくらいのスピードで、どの程度大きくなったのでしょうか。この点については推測の域を出ませんが、一般的に言われている数値を確認してみます。

まず、乳がんの細胞は、1個のがん細胞が2個になるのに3カ月、さらに倍の4個になるのにもう3カ月というように、ゆっくりと増えていきます。さわって分かる1cm程度のしこりになるには10億個のがん細胞が必要とされ、その成長には10年近くかかると言われています。

極小から2mm程度までの成長は本当にゆっくりゆっくり進みます。しかし、倍々ゲームで増えていくので、ある程度大きくなってからの成長には勢いがつき、2mmから1cmになるのには1年半たらずだといいます。

仮に小林麻央さんがパチンコ玉のようなしこりに気づいたときの乳がんの大きさが1cmだとするなら、再検査時にはその半分程度だったかもしれませんね。
美白ケアの4つの欲求…これで自分に必要なコスメが分かる!

成長した乳がんは9~10カ月で倍の大きさになるといわれていますから、再検査時に1cmだったとすれば10月には倍の2cm近くになっていたでしょう。再検査時に1.5cmなら10月には約3cmです。

なお、乳房を全て切除するのではなく、部分的な切除で手術をする乳房温存手術は、基本的に3cm以下の腫瘍を対象としています。放置している間に3cm以下から3cm以上となり、乳房温存手術の適応範囲を超えてしまった可能性もあります。

【関連】腫瘍をある程度小さくしてから乳房温存手術という選択も
小林麻央「乳がん」手術しない理由=乳房温存?局所進行乳がん?ステージは?

小林麻央さんの乳がんがどのようなスピードで成長したのかは分かりませんが、
約8カ月の放置期間の間に、
・軽い場合でも数mmから1cmクラスへの成長
・重い場合には1cm台から3cm以上への成長
といった可能性は十分に考えられるでしょう。

夫の海老蔵さんは、「時は取り戻せない」と述べています。この言葉は、放置してしまった約8カ月間で起きた、小林麻央さんの病状の変化に対する後悔の念だったのでしょうか。

小林麻央の乳がん10訓【真似、ダメ、絶対!】

2018.08.05
小林麻央さん関連記事はこちらの【まとめ】から

 

乳がんになりやすい家系がある?

身内に乳がんの人がいると、乳がんにかかりやすいと聞いたことがあります。

調べてみたところ、遺伝的に乳がんになりやすい体質を受け継いでいたり、乳がんになりやすい食事や生活習慣を持っていたりすることがあるそうです。

「マイコード」は遺伝子を調べることで、自分の持っている体質を知ることができます。専用キットに唾液を入れて郵送するだけなので簡単です。

もし、自分が属する遺伝子型が乳がんを発症しやすいものだったとしたら、発症リスクを高めるものをできるだけ避け、反対に発症リスクを下げるものを積極的に取り入れるなどの対策ができますね。

マイコードの標準的なサービスは、がんや生活習慣病などの主要な病気をはじめ、体質を含めた280項目の検査が行えるセット「ヘルスケア」で、こちらは2万9,800円となっています。

身内にがんを発症された方がいる場合、多種多様な疾患のリスクを知ることよりも、まずは「がんのリスク」を知ることを重視されると思います。

gan1

そうした場合には、乳がんをはじめ、がんに関する38項目の検査に絞った「がんパック」の方がよいでしょう。こちらは、がん以外を検査することはできませんが、その代わり、お値段がぐんと安くなって1万4,800円となっています。

「ヘルスケア」の約半額相当ですから、がんのリスクだけ分かればいいという人にとっては、とても便利なセットとなっています。

 

▼遺伝子検査『マイコード』を詳しく見る

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

>>遺伝子検査キットMYCODE

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です