手術できない小林麻央、北斗晶より深刻!? ステージ・生存率は?

cancer

小林麻央と北斗晶の違いが気になる

小林麻央さんの乳がんが発表され、夫の海老蔵さんによれば「深刻」な状況とのこと。具体的なステージについては明らかにされていませんが、その深刻さとはどの程度のものなのかとても心配になりますよね。例えば、乳がんの告白がセンセーショナルに取り上げられた元プロレスラーでタレントの北斗晶さんと比べてどうなのでしょうか。

北斗晶さんはステージ2B

北斗さんは当初、医師より生存率50%の宣告を受けたとしていました。しかし、乳がんにおける生存率50%はステージ4に近い進行がん。すぐにそれは高すぎるのではと疑問の声が上がりました。北斗さんは後に、生存率50%はこのまま手術をしなかった場合の数字で、治療を進めている現在ではもっと生存率は高くなっている、といった形で訂正しました。

北斗さんはステージ2Bであったことを明かしています。北斗さんは乳がんに苦しむ女性が減るようにと啓発活動に積極的で、乳房全摘手術のことや、抗がん剤で髪の毛が抜けることなどを、つつみ隠さずブログで公表しています。

小林麻央さんのステージは3?

乳房全摘や抗がん剤による髪の喪失はショッキングな内容ではありますが、北斗さんの場合、ただちに手術をし、その後に抗がん剤治療とホルモン療法を行うという、スタンダードな治療の流れを踏襲しています。

一方、麻央さんはというと、1年8カ月も前に乳がんが見つかっているにもかかわらず、いまだ手術を行うことができていません。北斗さんの乳房全摘は確かに非常につらい選択だったと思いますが、麻央さんの場合、その選択もできなかった程の深刻な状況だった可能性があります。

手術が困難な乳がんに「局所進行乳がん」があります。仮に麻央さんがこれに該当するとすればステージ3Bまたは3Cということになります。

少し単純化しすぎではありますが、北斗晶さんと小林麻央さんは、次のように位置づけられるのではないでしょうか。

<乳がんの5年生存率>
ステージ0 …97.58%
ステージ1 …96.63%
ステージ2 …90.93%
            ←北斗晶さん(ステージ2B)
 ステージ3 …72.48%
                                                  ←小林麻央さん(ステージ3Bか3C?)
 ステージ4 …42.65%

花咲き乳がん!? 麻央の「進行性」は皮膚浸潤のこと?

2016.10.08

麻央 空白期間の謎 がんを放置して良いとき、悪いとき

2016.10.17

当初は生存率50%とされ、世間に大きな衝撃を与えた北斗晶さんはステージ2B。一方、世間から隠れるようにして闘病生活を送り、マスコミ報道をきっかけに抑制ぎみの公表にとどまった小林麻央さんは、それ以上に深刻な状況に置かれている可能性があるようです。
※当記事は投稿日時から、古い情報に基づいた内容となっておりますのでご注意ください。

ステージ4で手術! その意味とは?

麻央 手術で何が変わる? 抗がん剤副作用からの解放!?

2016.10.05

麻央 QOLだけじゃない! グレードC1の手術とは?

2016.10.04

麻央 ステージ4でも根治目標 20年生存2~3%の壁

2016.10.03

局所コントロールで治る?小林麻央 QOL求めた手術

2016.10.01

小林麻央の手術日20~22、本命21日と読める理由

2016.10.01

小林麻央 残った肺と骨の転移は? トモセラピーとは?

2016.10.05

【まとめページ】小林麻央の軌跡~会見、誤診、末期がん公表~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です