小林麻央 痛み止めはモルヒネ? 我慢しなくていい理由

cancer

年表で見る小林麻央の経過【これでスッキリ】

2017.06.25

気功は治療に入りますか?麻央 悪化の原因?

2017.06.29

小林麻央 痛み止めで「許される」

小林麻央さんは癌の痛みで限界を感じたとき、これまで拒絶していた痛み止めを飲み、「許されていく感覚がした」と9月4日付けの自身のブログに綴りました。

小林麻央さんの服用した薬がどのタイプなのかは分かりませんが、できれば薬を飲みたくないという感覚は分かる気がします。実際に少なからず副作用もあるでしょうし、最近では「医者に殺される」といった過激なキャッチフレーズの著書が何冊も出ており、医者のいうままに薬を飲んでいたら大変だ!という主張も少なくありません。

とくにイメージのよくない薬にモルヒネがあります。例えば、7月12日にがんとの闘病生活の末に亡くなられた大橋巨泉さんは、誤ったモルヒネ投与で状態が悪くなったと述べていまいた。

大橋巨泉「急性呼吸不全」 誤投与? モルヒネと死の関係

小林麻央さんは反対に、(それがモルヒネかどうかは分かりませんが)痛み止めを飲むことが救いになったようです。ここではモルヒネを飲んではいけない理由ではなく、飲んでも良い理由について見てみましょう。

モルヒネの使い方は昔と今では異なっている

モルヒネを投与すると麻薬中毒になったり、副作用でかえって体にダメージを与えたりといったことを耳にすることがあります。これについては、がん情報サービスのHPにある「痛み止めの薬の知識Q&A」の回答が参考になります。

それによると、昔は痛みが我慢できなくなってからようやくモルヒネを使っていました。既に痛みが生じてしまっている状態だと、それを鎮めるために大量のモルヒネが必要になり、体の中のモルヒネの量が多くなりすぎて麻薬中毒になることもあったそうです。
美白ケアの4つの欲求…これで自分に必要なコスメが分かる!

これに対して現在では、痛みが我慢できなくなってからではなく、それよりも手前でモルヒネを用いることで、はるかに少ない量のモルヒネで鎮痛効果を得ることができるのだそうです。常に痛みのない状態を基準とし、薬の効果が切れる前にあらたに投与する。こうすることで、比較的少量のモルヒネで痛みの緩和ができるという考え方です。

ギリギリまで我慢してモルヒネを用いた場合は、使用のスタートこそ遅くなりますが、鎮痛のためには大量のモルヒネが必要になります。あらかじめ痛みを緩和し、その状態の維持に努めた方がモルヒネの必要量が減るというのは少し意外でしたが、これなども痛み止めを我慢せずに飲んでよい理由になるでしょう。

小林麻央 末期がんの痛みは骨転移 モルヒネ使用か?

2016.09.20

小林麻央 肺転移 しわがれ声、顔の腫れの症状に注意

2016.09.24

モルヒネには飲み薬もある

もうひとつ、モルヒネについて誤解されやすいものに、注射や点滴によって大量に投与される、というものがあります。

実際にはモルヒネにはさまざまなタイプの飲み薬があり、これを組み合わせて使う方法があるそうです。

水薬、粉薬、細粒、錠剤、カプセルといった飲み薬のモルヒネは効き目が生じる早さに違いがあり、大きく2つのタイプに分けられます。

<徐放剤>ゆっくり長く効くタイプ
<速放剤>すぐに効くが効き目が短いタイプ

効き目が持続する徐放剤を使用しながら、突然の痛みに襲われたときに速放剤を使う、といった組み合わせ方があります。

小林麻央さんのブログの中で非常に気になったのが、

「あのとき、
信じなければよかった」
という言葉。

この言葉が痛み止めを飲むことと関係があるかどうかは分かりませんが、かつては信じ、今は後悔しているもののひとつに、「痛み止めを飲まない」があったのかもしれませんね。

小林麻央の乳がん10訓【真似、ダメ、絶対!】

2018.08.05
小林麻央さん関連記事はこちらの【まとめ】から

 

乳がんになりやすい家系がある?

身内に乳がんの人がいると、乳がんにかかりやすいと聞いたことがあります。

調べてみたところ、遺伝的に乳がんになりやすい体質を受け継いでいたり、乳がんになりやすい食事や生活習慣を持っていたりすることがあるそうです。

「マイコード」は遺伝子を調べることで、自分の持っている体質を知ることができます。専用キットに唾液を入れて郵送するだけなので簡単です。

もし、自分が属する遺伝子型が乳がんを発症しやすいものだったとしたら、発症リスクを高めるものをできるだけ避け、反対に発症リスクを下げるものを積極的に取り入れるなどの対策ができますね。

マイコードの標準的なサービスは、がんや生活習慣病などの主要な病気をはじめ、体質を含めた280項目の検査が行えるセット「ヘルスケア」で、こちらは2万9,800円となっています。

身内にがんを発症された方がいる場合、多種多様な疾患のリスクを知ることよりも、まずは「がんのリスク」を知ることを重視されると思います。

gan1

そうした場合には、乳がんをはじめ、がんに関する38項目の検査に絞った「がんパック」の方がよいでしょう。こちらは、がん以外を検査することはできませんが、その代わり、お値段がぐんと安くなって1万4,800円となっています。

「ヘルスケア」の約半額相当ですから、がんのリスクだけ分かればいいという人にとっては、とても便利なセットとなっています。

 

▼遺伝子検査『マイコード』を詳しく見る

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

>>遺伝子検査キットMYCODE

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です